ねじは通販サイトで購入が楽|ねじの基本情報

作業員

便利で身近な存在

色々なネジ

製品を作る時にねじは欠かすことができません。工具店や通販でも簡単に手に入るものですが、小さな物から大きい物までねじの用途はたくさんあります。ビジネスで必要なパソコンや携帯電話、さらには飛行機やスペースシャトルにもねじは使われています。
ねじの歴史はとても古く、日本に初めてねじが入ってきたのは種子島です。種子島に初めてポルトガル人が足を踏み入れたのが1543年でした。ポルトガル人から火縄銃というこれまでの日本にはない武器を購入した人がいました。火縄銃を購入した人は、自分でも火縄銃を作ろうと考えて、製造方法を研究させるために分解を明示ました。火縄銃を分解した時に、使われていたのが「尾栓のねじ」です。この瞬間から日本人はねじの恩恵を受けています。
企業や自治体だけでなく、一般家庭でも様々な場面でねじは活躍しています。壁に物と取り付けつる場合、日差しが室内に入り込んで作業しにくくなるのを防ぐ役目のカーテンやブラインドを設置する場合にもねじは必要です。また、ねじは物を固定するだけが役目ではありません。万力のように回転運動を直線運動に変えることができます。これはねじの構造が持つ特徴のおかげでしょう。このように、ねじはいろんな場面で活躍しています。
ねじは通販で購入するとお得です。最近は様々な品番のねじ、ねじの素材、ねじの大きさなどを用途に合わせて購入することができます。購入出来る数も一本単位で指定出来るため、必要な分だけ購入することができ、とても便利で身近な存在です。

一番安くて使いやすい

担当者

ねじは現在様々な種類があります。一番有名なねじはなべ小ねじです。誰もが一度は目にしたことのあるねじの形状でしょう。このねじは、通販サイトでも簡単に購入できます。そのため、様々な用途に使用されていて安いのが特徴です。

View Detail

用途に合わせた材質

担当スタッフ

ねじには様々な材質と大きさがあります。それぞれの用途に合わせてねじを使い分ける必要があります。一般的に使われているねじは鉄のねじですが、強度が強いのはチタンのねじです。通販サイトで購入する時は材質を確認しましょう。

View Detail

予備を保管しておく

ボルトとネジ

ねじは会社の至る所に使われています。テーブルやイスだけでなく精密機械にもねじは使われています。そのため、ねじが紛失した場合に備えて予備のねじを通販サイトで購入しておきましょう。

View Detail